読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋仲

月9がつまらん…。


つまらんポイント
・せっかく田舎の高校生活でキュンとさせようとしてるのに、方言じゃない。高校生に見えない
なんで、富山弁にしないんだ!
・高校時代と現在で、見た目が変わってない。制服じゃないだけだよ…。カツラでも何でも使って変化をつけようよ〜。
・登場人物に深みがない。高校時代から今までの5年間?がまったく感じられない。ヒロインが5年間もお父さんを探して苦しんできたようには見えないし、教員採用試験に向けて頑張ってる姿も出てこないし、ライバル役がなんで転校してきたかとか家庭環境とか全然出てこない。


同じように田舎の高校生活→都会で再会だった「Nのために」は、方言や田舎の閉塞感・各年代での服装や髪型・登場人物それぞれの人生、すべてがしっかり描かれてて本っ当に素晴らしかったなぁ…。
未だに榮倉奈々の”土下座する前の表情”とか、成瀬くんの「一緒におらん?」とか忘れられんわ。


私が恋仲の製作側だったら
・富山弁
・高校時代と現在で服装や髪型を変える
・ライバル役がヒロインを好きになるシーンをもっと入れる
・ライバル役が転校してきた理由とか、医者を目指す理由とか、家庭環境とか、人間性を描く
市川由衣はそんなに簡単にあきらめない
・ヒロインは教員採用試験の勉強が大変でプレッシャーを感じて落ち込んだり荒れたりする
・ヒロインが夜逃げした後とか、2人がつきあいだした頃とか、主人公が市川由衣とつきあってた頃とか、回想シーンを入れて、3人の5年間を視聴者に想像させる
・入院患者の女の子は出さずに、主人公の妹をもっと話に絡ませる


高校時代と現在が出てくるドラマと言えば、「プロポーズ大作戦」も最高だったなー。
あ、こっちにも榮倉奈々が。
放送終わって何年経っとるか分からんけど、『明日やろうはバカやろう』以上に衝撃を受けた台詞はないなぁ。ホントにガツーンって殴られたような気がした。